<< 梅田 JR大阪駅の新北駅ビルは、ルクアに。 | main | NHK 最後の楽園に見る、環境適応。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>> | - | -
林原グループ4社申請した、事業再生ADRとは。

かなり異彩をはなっていたトレハロース。

これはどうなってしまうのか。。

プレスリリース。

事業再生ADRだが、この制度の概要はこんなところらしい。
(詳しくないので間違ってるかも。






公的整理:民事再生→法の力により整理さえる。
私的整理:メインバンクなどが調整をはかる。

というのが一般的であったが、銀行は大きな利害関係者であるため、
仲裁者としては中立とはいいきれないところがある。
そんなところで、銀行とはことなる民間の事業者が
その役割を担うようだ。

なお、この民間の事業者は
経産省の認定を受けているところに限られる。

この事業者のフィー、受取利益はどんなものになってるのだろう?

調べてみるとおもしろそうだ。

※広告よりも、こんなことに興味がうつってきています。

 
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:経営 | リンク用URL>>23:05 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>>23:05 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://justhyodoit.jugem.jp/trackback/468
トラックバック

広告 ブログ:Just do it. / http://justhyodoit.jugem.jp/