<< iphoneで読める電子書籍版 20歳のときに知っておきたかったこと | main | 大阪マラソンなど、大型の新興マラソンレースが増えていますが。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>> | - | -
音楽の投銭ダウンロードと、ネット投銭。
小沢健二が新曲のダウンロード配信を実施したことがニュースになっていた。

どこかのダウンロードサイトではなく、
自前のサイトから右クリックでDLできて、

さらに料金は投銭形式。
振込で金額は自由ときた。

 RADIO HEADの料金自由設定のダウンロードの件が思い出される。



さらに、楽曲「シッカショ節」は
盆踊りなどの地域福祉に使う場合、それぞれの慣習にしたがってご利用を、とのことだ。
音楽はそもそもが街の声なのだろうか。


こういう行いをみると、マーケティングやらなにかの考え方が
太刀打ちできないことは、やはり、あるなあとおもう。
インターネットって、あのころ、どういう利用がされることを
期待されていたんだっけ。そんなことを思い出した。


かつて、深見さん周辺でネット投銭について話題になっていたことがあったが
投銭うんぬんということの大きな話というのはあれ以来だ。蒼い。
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:音楽/ミュージック | リンク用URL>>23:06 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>>23:06 | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/24 10:02 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/08/04 1:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://justhyodoit.jugem.jp/trackback/452
トラックバック

広告 ブログ:Just do it. / http://justhyodoit.jugem.jp/