<< アバターの次の3D映画、不思議の国のアリスのその後。 | main | 春分の日ですね。桜に、 広告大賞。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>> | - | -
クリスの新刊「フリー」にみる情報発信と、浸透までの時間。
 以前、こちらのエントリーで、フリーについて書いたが、

ロングテールで知られる
クリス・アンダーソンの新刊が近日発売だそうな。(日本語版が。)
「フリー <無料>からお金を生みだす新戦略」(NHK出版)


ここのところ、週間ダイヤモンドで特集がくまれたりするのもあり、

周囲で話題にあがっているのをよく耳にする。
 また、テレビでも紹介されていた。

新聞で書評などが掲載されているが
それのテレビ版だとおもってもらえればいい。

司会は作家で女優の中江有里ら。

京都鴨川近くの書店(ジュンク堂BAL店)の文芸書のランキングを紹介します、
なんてコーナーもある。(すごい紹介の仕方!)
ゆったりとしたトーンで、オホホホな雰囲気でゆるーく楽しめる
いい番組だ。

パネリストの中からは「googleとかyoutubeとか名前は聞きますが
よーわかりませんねん」というコメントも出ていましたが
これが世の中の空気でもあるだろう。


さて、
2009/11頃に発売キャンペーンがおこなわれ、
2010/03に、一般層に広まり、マスで紹介されていく。
この時間感覚を把握しておこうとおもう。

早すぎても、遅すぎても駄目なんだな。

twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:マーケティング関連 | リンク用URL>>09:20 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>>09:20 | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/03/22 5:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

広告 ブログ:Just do it. / http://justhyodoit.jugem.jp/