<< 京都からの手紙。折り紙メール。 | main | テレビドラマのネットでの「リセット」配信。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>> | - | -
[書店]知識吸収・知恵構築の場、からの、実践へ。

書店の料理本コーナー。

本「20分でできる元気が出る料理」などのそばに、調理器具である。
COOK-ZENが。

ほっほ。こういうのあるのね。

本屋 料理

料理をもっと身につけたい。
料理をする機会を増やしたい、という気分のときに、
「はい、そのままチンするだけでいいのですよ。」というのは
いいタイミング。

外国語本のところに、リスニング機器などがおかれているのは
普通のことですが、もう一度、ここを見直したい。

本屋のすべての棚を、広告・販促スペースとしてするなら
何がいいだろうか。どんな組み合わせや流れがつくれるだろうか。

映画本コーナー → 公開中映画紹介 → QRからの特設サイト(これをカウント)
なんてのもいいか。

そんなことを今度、本屋さんでやってみよっと。

知識や知恵を求める人の熱い視線が注がれる棚は
とても価値あるスペースのはず。

書店さんはは棚スペースをどんどんと売り出すといいのかもしれない。
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:販売促進/SP/買場起点 | リンク用URL>>22:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
twitter RT: @justh01 する
カテゴリ:- | リンク用URL>>22:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

広告 ブログ:Just do it. / http://justhyodoit.jugem.jp/